八戸の「たいよう総合事務所」の中で司法書士・行政書士をやっている今野です。相続登記、遺言、成年後見、内容証明、裁判、支払督促、少額訴訟などのお手伝いをしております。
by konno_jimusho2
カテゴリ
お知らせ
事務所案内
遺言
相続
裁判:訴訟(訴状・答弁書)
裁判:少額訴訟
裁判:支払督促
裁判:民事調停
裁判:遺産分割
裁判:成年後見
裁判:離婚
債務整理:全般
債務整理:任意整理
債務整理:特定調停
債務整理:過払い請求
債務整理:個人民事再生
債務整理:自己破産
消費者問題
司法書士
ニュース
雑記
リンク
外部リンク
タグ
最新の記事
本当の裁判所からの書類は無視..
at 2018-05-01 14:35
貸金業者だったネットカード株..
at 2017-11-14 15:51
弁護士法人引田法律事務所【日..
at 2017-11-07 16:55
改正消費者契約法、施行
at 2017-06-03 20:51
アダルトサイト登録抹消名目で..
at 2017-05-11 13:39
相続登記はお早めに・・・。
at 2017-05-10 17:14
「法定相続情報証明」 5月2..
at 2017-04-28 13:22
2回目の債務整理について
at 2016-06-06 17:26
悪徳商法への対策強化
at 2016-05-25 14:34
訴状や答弁書、支払督促などの..
at 2016-05-23 17:43
原野商法の2次被害
at 2014-11-07 16:03
連絡がなかった消費者金融会社..
at 2014-10-15 15:31
「全国消費者支援センター」を..
at 2014-10-02 16:23
「振り込め詐欺救済法」に基..
at 2014-09-30 14:33
何年も払っていない借金の請求..
at 2014-06-12 16:25
破産をしないで、借金を減らす..
at 2014-04-21 17:17
2月は「相続登記はお済みです..
at 2014-02-03 14:00
いわゆる振り込め詐欺など増加
at 2013-12-12 17:43
奨学金(旧日本育英会、日本学..
at 2013-11-21 13:57
相続登記はお早めに・・・。
at 2013-09-12 16:34
以前の記事
2018年 12月
2018年 05月
2017年 11月
more...


2回目の債務整理について

これには2つのパターンが考えられます。

1つ目は、債務整理(任意整理)をしたけれども、その途中で何らか事情で計画通りに支払えなくなったというパターンです。

この場合、支払余力がそれなりにあれば、再度の債務整理(任意整理)をして、支払計画を新しくしてもらうということも考えられます。また、債権者の方で計画の延長は認めたくないというのであれば、個人民事再生を選択することもありますし、支払余力がまったくなくなっている場合には自己破産を選択するということもありましょう。

2つ目は、債務整理(任意整理)をして、その支払計画はすべて終了して完済したけれども、しばらくして事情があってまた借り入れてしまった、というパターンです。この場合も、支払余力があれば債務整理(任意整理)や個人民事再生、支払余力がないようであれば自己破産ということになるでしょう。個人民事再生や自己破産の場合、裁判所がちょっと細かくなるかもしれませんが(一度整理しているのにまたやってしまったわけですから)、できないということはありません(ただし、自己破産・免責許可をもらった後、7年以内にもう一度破産・免責しようとすると免責不許可事由に当たってしまうので、自己破産→自己破産は厳しい可能性はあります。もちろん再度借金をしてしまった事情によりますが)。

1回借金の整理をやってるから、2回目の借金の整理ができないというわけではありません。まずは専門家にご相談ください。


=====

 

[PR]
by konno_jimusho2 | 2016-06-06 17:26 | 債務整理:全般
<< 「法定相続情報証明」 5月29... 悪徳商法への対策強化 >>